20歳の大学生が本当にやりたいことだけをして生きて行く

いとひろのブログ

”常識”というモノについて考えてみる

time 2016/05/26

”常識”というモノについて考えてみる

sponsored link

昔の非常識が今の常識である

こんにちは!

 

最近暑すぎて、脇汗が止まらず焦ってる、いとひろです^^

 

今回は
「昔の非常識が今の常識である」
ということについて考えてみたいと思います。

 

“5年前”
『ボタンのない携帯電話が流行る!』
と言ったら

 

誰が信じたでしょうか?
でも現在は。。
「スマートフォン」
が当たり前ですよね?

 

“5年前”の、とある
「就職したい企業ランキング」
(理系部門)

 

1位 東芝
2位 パナソニック
3位 ソニー

 

今見ると
「 えーっ!?」
 じゃありませんか?(笑)

 

一昔前考えられていた
”Made in Japan” のものづくりだって
現在はどうでしょうか?

 

中国、韓国といった企業の台頭。
日本企業のうぬぼれ。
変化を読み切れなかった経営者。

 

ここに並んだ日本のものづくり企業は
どんどん淘汰されていっています。

 

家と会社の往復では
なかなか気づきにくいですが

 

実は世の中は
あなたの知らないうちに
めまぐるしく変わってきています。

 

 あなたは気付いて
いないかもしれませんが、、
たった「5年」で
「常識」が「非常識」になる、そんな時代なんです。

 

では
5年後の安心を手に
入れたいのであれば

 

どう生きればいいのでしょうか?
これまでの流れを見れば
自然と見えてきますね。

 

大事なことはいつも
『逆』
なんです。

 

ビジネスも同じです。

 

原価率30%が常識の
飲食業界で

 

原価率80%という
とんでもない

 

「非常識」で

 

業界に殴り込み、
全国展開に成功した
「俺のイタリアン」
もしかり。

 

モノが行き渡り
情報にまみれたこの社会で
選ばれるためには
徹底的に非常識をいくことです。

 

ぜひ、
今日から大事な選択肢を
迫られた時は「非常識」
こそ価値がある
ということを意識して
決断してみてください。

 

自分もそこを意識して、
さらに成長していきます。

 

親の言っていることは本当に正しいのか?
先生の言っていることは本当に正しいのか?
上司の言っていることは本当に正しいのか?

 

鵜呑みにするのではなく、
常に考え、
「非常識」に行動していきましょう。

 

今日も拙い文章を見ていただきありがとうございました。

 

いとひろ

sponsored link

down

コメントする




管理人

いとひろ

いとひろ

国立高専にて15歳から5年間、電気電子、通信を学ぶ。長期休暇を利用して、日本を自転車旅、東南アジアでのバックパック等、10代の内から見聞を広める。卒業後、筑波大学編入。現在は、大学に在学し、将来の夢である教育改革のため、同じ志を持つ仲間を集め、チームを構成中。



sponsored link